販促お役立ちコラム「ポスティング通信」では様々な販促に役立つ情報をご紹介しています。

販促お役立ちコラム「ポスティング通信」

販促お役立ちコラム「ポスティング通信」

2018.12.10

YouTube(ユーチューブ)とは何?



最近テレビよりも人気を誇るともいわれているYouTube(ユーチューブ)

今現在YouTubeは世界各国に幸福・元気・勇気・悲しみ・怒り・笑顔を与え、人々の感情を左右させる超有名SNS動画配信サービスだ。

しかし、そんな超有名なYouTubeだからと言って、全世界からその媒体の価値を認めてもらっているわけではない。

その理由はこの記事を読んでいただければわかるだろう。

では、その超有名なSNS動画配信サービス”YouTube”について、わかりやすくお話ししていこうと思います。

 

 

YouTubeとは何?

YouTubeとは誰もが無料で動画を共有・視聴できるSNS動画配信サービスの事で、撮影した動画をYouTubeに投稿し、その動画を世界の皆と共有し楽しむ事ができます。

YouTube(ユーチューブ)という名前はYou(あなた)Tube(ブラウン管)という意味で、2005年にPayPalの従業員3人がアメリカで設立しました。

ちなみに、初めてYouTubeにアップされた動画がMe at the zooというタイトルの動画で、YouTube設立者3人の内1人”ジョード・カリム”が映されている。

 

 

YouTubeとは個人でも動画を配信できる

 

YouTubeは個人で動画を配信することも可能です。むしろ、最初は個人で始める方が多いと思われます。

現在大手YouTuberのヒカキンも最初は口だけで音楽を奏でるビートボックスの動画を個人でアップしていました。

それから時が経ち、多くの人から動画見てもらえるようになり、今では”UUUM(ウーム)と呼ばれる事務所に所属し、YouTuberとして活動しています。

最近では、テレビ側からの出演オファーも多く貰っており、CM出演や逃走中・ダウンタウンDXなどにもゲストとして出演したこともあるそうだ。

 

 

YouTuberになるには。

 

学歴や資格は必要ありません。

しかしながら、スキルとして必要なのものがあります。

  • 動画編集技術
  • 情報やネタ探し
  • 流行りトレンドの追求
  • YouTubeについての知識
  • 強い精神・毎日続ける

動画によっては、他にも文章力・トーク力・面白さなど色々求められますが、基本的なことはこれくらいでしょう。

そして、先ほど申したようにYouTubeで生計を立てる事はそう簡単なことではないです。

動画の編集やネタ探しが面倒くさくて断念する人もいれば、動画を批判され続けやめる人知識が足りず違法行為を配信してしまいやめる人もいます。

最も多いのは「再生回数が伸びないからやめる人」でしょうか。

そのため、ユーチューバーの一番重要なスキルとして「強い精神と毎日続ける」事が一番求められるでしょう。

収入と収益の流れ

 

YouTuberの収入は基本的にGoogleAdsense(グーグルアドセンス)からの収入になると思います。

アドセンスとはGoogleが提供する広告配信サービスです。

自分・自社が所持するサイトやチャンネルに広告を搭載でき、読者・視聴者が広告に興味を持ち、広告クリック・広告視聴した場合に収益が発生します。

もっと説明すると話が長くなるので、ここでは省略します。

そして、知名度が上がり有名になれば、アドセンスとは別で企業案件による収入も得る事ができます。

 

 

常に危険と隣り合わせ

YouTuberは生活的にも精神的にも常に危険と隣り合わせです。

よくある事例が住所特定などです。

例えば、投稿した動画になんらかの個人情報が含まれたものが映っていたりすると、電話番号や住所などを特定される恐れがあります。

過去の事例では、とあるYouTuberが自宅の洗面所を映した結果、洗面所の形や構造から住所を特定されたなどもあります。

また、住所を特定された後、宅配ピザの出前やAmazon代引き商品が届いたりなどの嫌がらせ行為も続いたようです。

しかし、誤って個人情報を晒してしまうことは自己責任でもあります。事前に危険を回避するためには、動画を投稿する前に内容を再確認することが重要ですね。

 

さいごに

以上がYouTube(ユーチューブ)についての大まかの説明になります。

この記事を見てわかる通り、YouTubeは全世界から人気の動画配信サービスですが、全員がYouTubeの存在価値を認めているわけではありません。

この先YouTubeの運命は動画を配信する側と視聴する側のマナーと常識で左右されます。

この記事を読んで少しでもYouTubeについてしれたら幸いです。

 

 

SNSサポート様より一部転載

まずはお気軽にお
問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

Webからのお問い合わせ